安全の為にする

効率的な地盤データの収集による建築物の安全確保

地質調査を行う目的には、地質構造、及び基礎地盤の強度特性といった地盤データの収集を挙げることができます。地質調査には、ボーリングや、サウンディングといった方法に区分されますが、その前に、近傍の地盤データの有無についての既存資料調査を行う必要があります。たとえば、全国の代表的な都市において、地盤情報のデータベース化が進んでいますので、そのような文献調査を行うことで、コスト縮減が図られ、効率的な基礎設計を行うことが可能になります。また、湧水状況などによる地下水分布の推定なども、基礎設計を行うには、大切な要素となります。そのような事前調査を踏まえたうえで、地質調査を実施することで、ボーリング深度も抑制される可能性も高まります。ただ、地盤リスク回避のうえでも、必要最小限の地質調査は、必要にありますので、位置の選定などにおいても、経済性も考慮して、計画立案を行うことで、平均的な価格相場内に、経費を抑えることができます。

地質調査における価格動向と今後のあり方

わが国は、地震大国にありますので、耐震性能に優れた建築物や、構造物を築造しようとした場合は、地質調査で得られた地盤データによって、効率的な基礎設計が可能になります。そのボーリング技術も高まってきていますので、掘進性能に優れたり、低音による掘進作業を可能にしたボーリングマシンなどによって、閑静な住宅地でも、容易に受け入れてもらい、的確、かつ経済的な調査が可能になります。また、オールコアボーリングによって、実際に地盤のコアを採取することで、目視で地盤の物性を把握することもできます。その時には、地質調査技士による有資格者による地盤の評価や、掘り止め位置などによって、安全・安心な基礎設計につなげることができます。今後も、安全に対する意識が高まることになりますので、経験豊富な専門業者による地質調査を行うことで、経済的な基礎構造の構築が可能になります。